So-net無料ブログ作成

伸子夫人、菅新首相に「ご愁傷さま」(スポーツ報知)

 ファーストレディーとなった菅直人新首相夫人の伸子さん(64)は4日、電話で取材に応じ、危機的状況での就任に「『おめでとう』より『ご愁傷さま』かもしれない」と毒舌で祝福した。

 民主党代表選はテレビで見ていたが「優勢なのは分かってたけど、今までの代表選で2勝4敗だし、見てて緊張した」。就任早々に参院選、米軍普天間基地移設問題への対応が待っており「とても重い。不安が7割、期待が3割くらい」と手放しには喜べない。念願のファーストレディー?と思いきや「普通の生活がしたかった」と本音を暴露し、呼び方についても「ファーストレディーって、スター的な持ち上げ方をするような感じで違和感があって嫌なの。首相夫人でいい」と自己流を貫いた。

 岡山県浅口市(旧金光町)出身。菅氏とはいとこ同士で、津田塾大時代に東京の菅氏の家に下宿して親しくなり、1歳年上の姉さん女房となった。夫の議員生活を支え続けて30年。普段は舌鋒(ぜっぽう)鋭い菅氏も、夫人の前ではおとなしくなるほどで「首相としてどれだけできるかお手並み拝見ね」と“上から目線”。最初の民主党代表時代の女性スキャンダル時は「脇が甘いのよ。バカタレ」としかるなど、発言力もピカイチだ。

 夫は自宅でも常に政治談議が止まらず「ゴロゴロとテレビを見たりは、あまりない」。それでも最近は夕食後に近くの公園で約1時間の散歩デートをするなど、愛妻家な一面も併せ持つ。年金未納問題で党代表辞任後、お遍路さんとなったが「五十番台の松山で止まってる。時間があれば回ろうと思ってるんじゃない。よくやるわよ」と、四国八十八か所を未制覇であることを明かした。

 04年6月にくも膜下出血で手術も、今は回復。6月にカナダで開かれる主要国首脳会議(G8サミット)が夫人の外交本格デビューとなりそうだ。

 【関連記事】
菅直人新首相が誕生、8日組閣へ
野党各党「菅政権」に反発「表紙替える古い手法」
菅氏が民主新代表に選出「クリーンな政治を」
菅氏陣営が出陣式「気を引き締めて」
ファーストレディー 菅直人 首相夫人 を調べる

<工業団地汚職>愛知県幸田町の元町議に懲役2年6月求刑(毎日新聞)
首相臨時代理1位は仙谷官房長官(産経新聞)
奈良・脇本遺跡 6世紀後半の大型建物跡見つかる(毎日新聞)
「ゆうメール」先に商標登録=DM業者が使用中止求める―東京地裁(時事通信)
組閣先送りで職務執行内閣 4日間は平成で最長(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。